愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科の帯状疱疹、じんま疹の治療方法

愛知県名古屋市西区の皮膚科。シンタニ皮フ科のロゴ画像

愛知県名古屋市西区のシンタニ皮フ科の電話番号

TEL : 052-524-1676

初診の方はこちら

初診の方はこちらをご覧ください。

一般の皮膚病

一般の皮膚病について

名古屋市西区シンタニ皮フ科のご案内

名古屋市西区シンタニ皮フ科のご案内

名古屋市西区シンタニ皮フ科の診療科目

診療科目

皮膚科、小児皮膚科、

アレルギー科


名古屋市西区シンタニ皮フ科の診療受付時間

診療受付時間

9:15~12:30

16:30~19:00


月・火・水・金の

13:00~14:00 訪問診療


名古屋市西区シンタニ皮フ科の休診日

休診日

木曜、土曜午後、日曜、祝日


名古屋市西区シンタニ皮フ科のお問い合わせ先

お問い合わせ

052-524-1676


名古屋市西区シンタニ皮フ科の所在地

所在地

〒451-0024

愛知県名古屋市西区秩父通

2−74−1

名古屋市西区秩父通の皮膚科 シンタニ皮フ科

名古屋市西区のシンタニ皮フ科の一般の皮膚病の紹介ページ

名古屋市西区のシンタニ皮フ科の一般の皮膚病の紹介ページ
西区シンタニ皮フ科 アトピー性皮膚炎
名古屋市西区シンタニ皮フ科 ニキビ
名古屋市西区シンタニ皮フ科 湿疹・手荒れ・かぶれ
名古屋市西区シンタニ皮フ科 水虫・爪水虫
名古屋市西区シンタニ皮フ科 いぼ
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 たこ・魚の目
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 脂漏性皮膚炎(ふけ・かゆみ)
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 脱毛症
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 帯状疱疹
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 じんま疹
名古屋市西区シンタニ皮フ科 口唇ヘルペス
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 その他の一般的な皮膚病
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 太田母斑
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 異所性蒙古斑
名古屋市西区シンタニ皮フ科 老人性色素斑
名古屋市西区シンタニ皮フ科 老人性色素斑
西区シンタニ皮フ科 アトピー性皮膚炎
名古屋市西区シンタニ皮フ科 ニキビ
名古屋市西区シンタニ皮フ科 湿疹・手荒れ・かぶれ
名古屋市西区シンタニ皮フ科 水虫・爪水虫
名古屋市西区シンタニ皮フ科 いぼ
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 たこ・魚の目
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 脂漏性皮膚炎(ふけ・かゆみ)
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 脱毛症
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 帯状疱疹
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 じんま疹
名古屋市西区シンタニ皮フ科 口唇ヘルペス
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 その他の一般的な皮膚病
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 太田母斑
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 異所性蒙古斑
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 老人性色素斑
名古屋市西区シンタニ皮フ科 老人性色素斑

名古屋市西区のシンタニ皮フ科の帯状疱疹

名古屋市西区のシンタニ皮フ科帯状疱疹の原因と症状 名古屋市西区のシンタニ皮フ科帯状疱疹の原因と症状

身体の左右どちらか一方に、ピリピリと刺すような痛みと、これに続いて赤い斑点と小さな水疱があらわれる病気です。

帯状に拡大する赤みと水疱の症状から「帯状疱疹」という病名がつけられました。
帯状疱疹は身体の中に潜んでいたヘルペスウイルスの一種である水痘・帯状疱疹ウイルスによっておこります。

みずぼうそうにかかったことのあるひとならば誰でも帯状疱疹になる可能性があります。
みずぼうそうが治ったあとも、ウイルスは体内の神経節に潜んでいます。

加齢やストレス、過労などが引き金になってウイルスに対する免疫力が低下すると、潜んでいたウイルスが再び活動を始め、神経を伝わって皮膚に到達し、帯状疱疹として発症します。

名古屋市西区シンタニ皮フ科の帯状疱疹の治療方法

名古屋市西区シンタニ皮フ科の帯状疱疹の治療方法

抗ウイルス薬の内服などが必要です。
痛みに対してはNSAIDS、プレガバリンなどが有効です。

蚊にさされたときのように、皮膚が急に盛り上がり、痒みを伴うのがじんま疹です。
放ってくと通常24時間以内に消えていきます。
掻いたりすると広がったり、他の場所にも出たりします。

症状が出始めてから1ヶ月以内のものを急性じんま疹、症状が1ヶ月以上も続くものを 慢性じんま疹といいます。
食物が原因になることはよく知られていますがそのほかに、細菌やウイルス感染が原因のこともあります。
また特殊なじんま疹で、温度の変化(温熱、寒冷じんま疹)、入浴、運動・精神的緊張などによる発汗(コリン性じんま疹)などがあります。

しかし、じんま疹の7割以上は原因がはっきりしていません。

名古屋市西区シンタニ皮フ科のじんま疹の治療方法

名古屋市西区シンタニ皮フ科のじんま疹の治療方法

じんま疹は基本的に抗ヒスタミン剤を内服します。
慢性じんま疹の場合、長期にわたり薬を飲み続ける必要がありますが、長期に渡って薬を飲むことによる影響はほとんどありません。

まずは自分に合った薬を見つけることが大切です。
医師と相談の上、症状に合わせて薬の量を調整していきましょう。

ご来院地域

  ▶︎ ご来院地域

下記の地域からご来院いただいております。

西区、北区、北名古屋市、清洲、大治町、中村区、東区、小牧市、名東区、千種区、東海市、西尾市 など

  • 初診の方はこちらをご覧ください。

    はじめての方はこちらをご覧ください。
    駐車場15台完備しております。

  • 一般的な皮膚病の原因、症状、治療方法、日常生活の注意点などご覧いただけます。

  • 子供、赤ちゃんの皮膚病の原因、症状、治療方法、日常生活の注意点などご覧いただけます。

名古屋市西区シンタニ皮フ科の地図

駐車場15代完備

駐車場15台完備

西区シンタニ皮膚科のロゴ

西区シンタニ皮膚科のロゴ

西区シンタニ皮膚科の住所

〒451-0024  
愛知県名古屋市西区秩父通2−74−1

西区シンタニ皮膚科のお問い合わせ先

   お問い合わせ   
  TEL:052-524-1676

西区シンタニ皮膚科の診療受付時間

診療受付時間
午前 
9:15~12:30
午後 
4:30~ 7:00

月・火・水・金の13:00~14:00 訪問診療

休診日 : 木曜、土曜午後、日曜、祝日

ページトップへ

ページトップへ