愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科のアトピー性皮膚炎の治療方法

愛知県名古屋市西区の皮膚科。シンタニ皮フ科のロゴ画像

愛知県名古屋市西区のシンタニ皮フ科の電話番号

TEL : 052-524-1676

初診の方はこちら

初診の方はこちらをご覧ください。

一般の皮膚病

一般の皮膚病について

名古屋市西区シンタニ皮フ科のご案内

名古屋市西区シンタニ皮フ科のご案内

名古屋市西区シンタニ皮フ科の診療科目

診療科目

皮膚科、小児皮膚科、

アレルギー科


名古屋市西区シンタニ皮フ科の診療受付時間

診療受付時間

9:15~12:30

16:30~19:00


月・火・水・金の

13:00~14:00 訪問診療


名古屋市西区シンタニ皮フ科の休診日

休診日

木曜、土曜午後、日曜、祝日


名古屋市西区シンタニ皮フ科のお問い合わせ先

お問い合わせ

052-524-1676


名古屋市西区シンタニ皮フ科の所在地

所在地

〒451-0024

愛知県名古屋市西区秩父通

2−74−1

名古屋市西区秩父通の皮膚科 シンタニ皮フ科

名古屋市西区のシンタニ皮フ科の一般の皮膚病の紹介ページ

名古屋市西区のシンタニ皮フ科の一般の皮膚病の紹介ページ
西区シンタニ皮フ科 アトピー性皮膚炎
名古屋市西区シンタニ皮フ科 ニキビ
名古屋市西区シンタニ皮フ科 湿疹・手荒れ・かぶれ
名古屋市西区シンタニ皮フ科 水虫・爪水虫
名古屋市西区シンタニ皮フ科 いぼ
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 たこ・魚の目
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 脂漏性皮膚炎(ふけ・かゆみ)
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 脱毛症
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 帯状疱疹
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 じんま疹
名古屋市西区シンタニ皮フ科 口唇ヘルペス
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 その他の一般的な皮膚病
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 太田母斑
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 異所性蒙古斑
名古屋市西区シンタニ皮フ科 老人性色素斑
名古屋市西区シンタニ皮フ科 老人性色素斑
西区シンタニ皮フ科 アトピー性皮膚炎
名古屋市西区シンタニ皮フ科 ニキビ
名古屋市西区シンタニ皮フ科 湿疹・手荒れ・かぶれ
名古屋市西区シンタニ皮フ科 水虫・爪水虫
名古屋市西区シンタニ皮フ科 いぼ
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 たこ・魚の目
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 脂漏性皮膚炎(ふけ・かゆみ)
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 脱毛症
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 帯状疱疹
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 じんま疹
名古屋市西区シンタニ皮フ科 口唇ヘルペス
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 その他の一般的な皮膚病
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 太田母斑
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 異所性蒙古斑
愛知県名古屋市西区シンタニ皮フ科 老人性色素斑
名古屋市西区シンタニ皮フ科 老人性色素斑

名古屋市西区のシンタニ皮フ科のアトピー性皮膚炎

名古屋市西区のシンタニ皮フ科のアトピー性皮膚炎 名古屋市西区のシンタニ皮フ科アトピー性皮膚炎の原因と症状

生後2~3ヶ月ごろより頭、顔にはじまり、その後、肘や膝裏などに湿疹が慢性的に生じるものをいいます。

10歳以降になると落ち着いてくることも多いですが、最近は成人になってもよくならない人が増えています。


原因はまだ明らかになっていませんが、遺伝的に皮膚のバリア機能が低下していること、アレルギーを起こしやすい体質を持っていること、生活環境の中にある悪化要因(精神的、肉体的なストレス、汗やホコリなどによる刺激、食物やダニなどによるアレルギー)によって症状が慢性化すると考えられています。


アトピー性皮膚炎では、皮膚の乾燥症状がよくみられますが、それはどうしてでしょうか?


一般に、皮膚のうるおい(水分量)は主に皮膚の表面にある角質の細胞間脂質という物質によって保たれています。

細胞間脂質は、セラミド、遊離脂肪酸、コレステロール からなります。


アトピー性皮膚炎ではセラミドが減るため皮膚が乾燥すると考えられています。

乾燥肌を放っておくと症状が悪化しますので、こまめなお手入れが大切です。

名古屋市西区のシンタニ皮フ科のアトピー性皮膚炎の検査

名古屋市西区のシンタニ皮フ科のアトピー性皮膚炎の検査

食物、ハウスダスト、ダニ、花粉、ペットなどに体する血液中のIgE RAST値や、血液中のTARC値などの測定があります。

名古屋市西区のシンタニ皮フ科のアトピー性皮膚炎の治療方法

名古屋市西区のシンタニ皮フ科のアトピー性皮膚炎の治療方法

ステロイド、免疫抑制剤(タクロリムス)、保湿剤などの外用、抗ヒスタミン薬などの内服治療があり、症状が強い場合やなかなか治まらない場合は、免疫抑制剤(シクロスポリン)の内服などを行うことがあります。


また、外用治療について欧米ではプロアクティブ療法という治療が有用であると報告されております。

症状が悪い時はまずはステロイド外用剤を使用して症状を落ち着かせます。


徐々に症状が改善してきたらタクロリムス外用剤を使用することでステロイド外用剤の使用を減らし、さらにその後は、タクロリムス外用剤を週に数回の外用と保湿剤の外用で症状が落ち着いた状態の維持に努めます。

  • 初診の方はこちらをご覧ください。

    はじめての方はこちらをご覧ください。
    駐車場15台完備しております。

  • 一般的な皮膚病の原因、症状、治療方法、日常生活の注意点などご覧いただけます。

  • 子供、赤ちゃんの皮膚病の原因、症状、治療方法、日常生活の注意点などご覧いただけます。

ご来院地域

  ▶︎ ご来院地域

下記の地域からご来院いただいております。

西区、北区、北名古屋市、清洲、大治町、中村区、東区、小牧市、名東区、千種区、東海市、西尾市 など

名古屋市西区シンタニ皮フ科の地図

駐車場15代完備

駐車場15台完備

西区シンタニ皮膚科のロゴ

西区シンタニ皮膚科のロゴ

西区シンタニ皮膚科の住所

〒451-0024  
愛知県名古屋市西区秩父通2−74−1

西区シンタニ皮膚科のお問い合わせ先

   お問い合わせ   
  TEL:052-524-1676

西区シンタニ皮膚科の診療受付時間

診療受付時間
午前 
9:15~12:30
午後 
4:30~ 7:00

月・火・水・金の13:00~14:00 訪問診療

休診日 : 木曜、土曜午後、日曜、祝日

ページトップへ

ページトップへ